ビックリ!まさかあり得ない!同級生に遭遇してしまった件

まさかあり得ない!同級生に遭遇してしまった件

 

婚活4
初めての婚活パーティーは、友達と一緒に参加したのですが、2回、3回と回数が増えるにつれて、おひとり様の方が気兼ねなく楽しめるということに気が付き、一人で参加をするようになりました。

 

大人し目の性格なので、自分からガンガン話をするというキャラクターではないのですが、趣味に特化した婚活パーティーなどは、話のネタに尽きることはなく、自然体で話すことができ、コミュニケーション能力なるものも婚活パーティーを通じて学べたようにさえ思えたものです。

 

婚活パーティーの熟練と言っても過言ではないなと、少々婚活パーティーをなめてかかっていた時にハプニングは起こります。

 

大体地元で開催されているものに参加していたのですが、なんとなく見覚えのある顔に遭遇しました。
あまりじろじろ見るのもいけないなと思いつつ、気になるのでちらちら記憶の糸を辿りながら見ていたのですが、とうとうわかったんです。
それは、中学生の時の同級生男子でした。

 

目立つグループにいたわけではない彼でしたが、あれから10年以上が経過して、その時の面影はあるもののすっかり変身してイケメン男子になっていたんです。
いやいや、イケメンという点が問題なのではなく、婚活パーティーに参加しているというのを周囲にばらされてしまったらどうしよう、そのことだけが心配でなりませんでした。
一対一で話す機会の時に、スルーするわけにもいかないのでお互いに「もしかして」と言う話にはなりましたが、話が弾むわけでもなく、気まずい雰囲気になりました。
しかも「婚活パーティーに参加しているってこと、同級生に言わないで」と口止めするのも、なんか違うのではないかと言う気がして、結局言わずじまいで帰宅をしましたが、このパーティーは全く楽しむことが出来ませんでした。

 

婚活パーティーの利用者って多いので、知り合いに会いたくないという方は、婚活パーティー選びも吟味する必要があると思った出来事でした。

 

inserted by FC2 system